読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ohanasiの simple life

シンプル、持たない、捨てる。自分の好きなものに囲まれた満足いく生活を目指して。どこまで身軽になれるかな?

ワセリンを使い倒す6つの方法

シンプルライフ シンプルライフ-美容

肌断食をしてワセリンを買ったのはいいけど、肌につける以外なくて、なかなか減らない。

そんな感じだったんですが、ついにこの冬中年になったせいかハンドクリームがないと生きていけなくなり(今まではべたべたするからつけなかった)、ハンドクリーム買うのも勿体無いんのでワセリンつけてたらこれがいい!

しかもワセリンも減っていく…!

ワセリンHG

ワセリンHG

今まではワセリンは肌断食に使うものだったけど、これを使い倒せればまた物が減るかもしれないということで、ワセリンを使い倒してみました。

1.乾燥するところに塗る

これは、肌断食の基本でもありますが、乾燥しやすいほっぺた、目のキワ、そしてハンドクリームとオールマイティー使えます。

量が多すぎるとべたべたするので、米粒並の大きさで。

ohanasi.hatenadiary.jp

2.まつげ美容液として

こちらも記事で書きましたが、ワセリン使ってたら偶然毛が伸びました。 私はやりませんが、綿棒にワセリン乗せて、まつげにちゃんとつけるほうが本当はいいそうですよ。

ohanasi.hatenadiary.jp

3.メイク落としとして

肌断食は「石鹸で落とせるメイク」が基本ということで、そうしてるのですが、やはりアイメイクなど石鹸だけで落ちづらいものもあります。
そういう時は、スイートアーモンドオイルでなんとかしていたのですが、なんと調べてみるとワセリンでもメイク落とせるそう。

ワセリンを手の熱で溶かして、気になってるメイク部分にのせる、アイメイクの場合は綿棒でのせて馴染ませてコットンでオフするというやりかたです。

なんと、ウォータープルーフのメイク落ちるそうです。

www.cosme.net

これだとメイク落としで乾燥してしまうという問題がなくて、つやつやで最高です。

あと、石鹸で落とすヒマあったら寝たい(ぐうたらすぎる…)という時もメイク落としと保湿を1回で済ませられるので最高です。

4.スチームパック

これも以前まで、オイルでやってたのですがメイク落としができたからこれもやれるんじゃ?と始めたものです。

顔にワセリンを塗って、軽くリンパマッサージして、蒸しタオルでパックするというもの。

これで、肌断食で悩まされる角質や皮膚の汚れが取れて、しかもワンランクアップの色白になれます。

5.キューティクルオイルとして

爪のササクレなどを防ぐために使うキューティクルオイル

私も以前まで↑こちらを使っていましたが、なんとこれもワセリンで代用可能。
というか、トリートメントオイルよりワセリンの方が断然よいという意見も。

実際、私もハンドクリームつけた後にちょっとだけ爪周りに塗りこんでおくとささくれ・さかむけ減ってきました。

ワセリン塗った後に甘皮処理も可能らしいのでキューティクルリムーバー代わりにもなるみたいです。

6.足元の角質ケア

夏のサンダルで酷使したかかともそろそろ乾燥してくる季節ですが、これもワセリン保湿でつるんつるんに!

やりかたは、簡単で、かかとにワセリンを塗りこんで、ラップして靴下履いて放置するだけです。

いつもブログ書きながらやってます。

というわけで意外と使い勝手がよくてびっくりしています、ワセリン。

今更なんですけどね…(´∀`*)ウフフ

これで、また物が減らせるかもしれませんが、今は様子見という感じです。