ohanasiの simple life

シンプル、持たない、捨てる。自分の好きなものに囲まれた満足いく生活を目指して。どこまで身軽になれるかな?

年末は毎年下着の買い替えます。

下着っていつ捨てるの?

photo by jumer

昔は、下着っていつがヘタるタイミングか分からず、買い替え時が難しかったんです。

でも、20代前半に安野モヨコ先生の美人画報ワンダー (講談社文庫)読んでから意識が100%変わりました。

美人画報ワンダー (講談社文庫)

美人画報ワンダー (講談社文庫)

それからの私はお金がなくても下着買い、です。 でもね、その当時も今もこれは変わらないんだけど 例えば1万円しか持っていなくて、服か下着どっちも 新しいの欲しい時、あたしは間違いなく下着を買って しまうのです。

だって服が新しくても下着が古かったら嫌じゃん。

なんか・・・。

そして、下着が新しくてそれもちょっと高級だったりするとね、 服がたとえおととしの、ちょっと着古したニットだったりしても 自分の心は貧乏にならないの。

すごくじゃん!!としていられる。 ここが下着のスゴいところです。

安野モヨコ先生並みのお高い下着は買えないけど、ちゃんと上下揃えて、自分の体にちゃんとあう下着を買う。
これが私のモットーになりました。

買い替えのタイミングを決める

そして、買い替えのタイミングもちゃんと作るようになりました。
これは単純に私が忘れっぽいからです。

12月にそれまで使っていたものを全部捨てて、買い換えます。
枚数も大体決まっていて6着にしています。

ついでにこのタイミングで、夫の下着とアンダーシャツも全取っ替えします。
夫はほっておくとゴムがゆるゆるになるまで履き続けるので、有無を言わさず、買い替えて捨てます。

下着の処分の仕方

さて、下着の処分ですが、アンダーウェアの方は、ビニール袋に入れて見えなくてしてゴミ袋に入れて捨てます。

ブラについては、毎年こちら、ワコールのリサイクルに回すために2月まで保存しておきます。

ブラ・リサイクルキャンペーン2015 ワコール

ワコールリサイクルは毎年2/12ブラの日(「ブラの日」は、アメリカ人女性メアリー・フェルプス・ジェイコブ氏が、ブラジャーの原型となるものを考案し特許を申請した日(1914年2月12日)にちなんだ記念日とのこと。)からアースディの4/22まで、使わなくなったブラを集める運動です。

ワコールの店舗で実施されていて、回収されたブラはRPF(産業用固形燃料)になるというもの。

2014年は持っていったときオリジナル50円切手が頂けました。

12月じゃなくて、2/12を下着買い替えのタイミングにしてもいいのですが、12月に替えよう!と決めてからだいぶ経ってこのサービスを知ったので、12月に買い換えるルールのまま運用しています。

ちなみにTriumphさんでもまったく同じリサイクルをしているようなのですが、時期が不定期なので、私は利用したことないです。

シンプルライフをしながらエコ活動もできるということで、下着の買い替えの時是非、 「ブラ・リサイクルキャンペーン2015 ワコール」利用してみてはいかがでしょう?