読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ohanasiの simple life

シンプル、持たない、捨てる。自分の好きなものに囲まれた満足いく生活を目指して。どこまで身軽になれるかな?

シンプルライフ本レビュー「ゆたかな人生が始まるシンプルリスト」

私は、リスト魔です。
リストアップ法でなりたい自分に近づく」でも書いたようになりたい自分のためのリストアップは欠かせません。

そんな私にぴったりかも?と思って読み進めてるのが、この本。

ゆたかな人生が始まる シンプルリスト

ゆたかな人生が始まる シンプルリスト

いつも本は2〜3時間もあれば読み終わるのですが、この本を読みながらいろんなことを実行しているのでなかなか進まない感じです。
今まで読みきった中で感銘をうけた箇所をまとめてみました。

この本の最初の章に「絶対にしたくないリスト」を作るという項目がありました。
今まで、なりたい自分ややりたいこと、欲しいものなど一見ポジティブに思えることは、リスト化しましたが、「絶対したくない」というかなりネガティブな感じです。

このネガティブさに惹かれて、リストを作ってみることにしました。

このリストを通じて、「自分」ってなんなのか?何が好きで何が嫌いなのか?を改めて考えるキッカケにになりました。

この本の作者ドミニック・ローホーさんは禅についての知識を学び、海外におけるシンプルライフの第一人者なのだそう。(ちなみに日本で暮らしてるようです)

そんな著者ドミニック・ローホーさん曰く、

シンプルに生きるためには自分が好きなこと嫌いなことをきちんと知ることで、人生の優先順位を明確にし、それがシンプルライフへと繋がる

ということのようです。

自分に「問い」を持つ
●優先順位を見直す
●自分が望むこと・望まないことを知る
●身のまわりのものを「ひとつだけ」に絞る
●人づきあいの時間のルールを決める
●手放さなければならないものを知る
●夢や願望をはっきりと意識する
●幸せになる才能を磨く

「絶対にしたくないリスト」以外にもたくさんのリストが紹介されていて、すぐリストアップを始めたくなります。

意外と自分でも自分を知らなかったことがいっぱいあります。

要らないものを見極めて、質の高い自分に出会える一冊です。

私が試したいリスト

  • 絶対にしたくないこと

  • 「これが私!」と言えるものが見つかるリスト

  • 自分が好きなロールモデルリスト

  • 「一目惚れ」リスト

  • 「手放す」ためのリスト

リストはテーマによっては、未知の自分に出会うこと、感覚を研ぎ澄ますこと、自分を再構成すること、深く考えることもできます。 P17より

リストは、ノートでもアプリでもWebでも構わないと思いますが、常にアクセスできるものが良いようです。

リストアップ法と共に試していきたいです。

ちなみに最近、シンプリストの持ち物公開していくと書いたのものこの本の影響です。

公開するほどのリストではないものは自分だけがアクセスできるものに残して、公開する価値があるリストはこのブログで書いていこうと思っています。

リストではないですが、ブログを書くこともまた未知の自分に出会えたり、「自分」というものの感覚を研ぎ澄ますことに役立っていると思うからです。

自分がトライしたいリストに何かしら出会えるこの本、是非一度読んで頂きたいです。

参考記事

リストアップ法でなりたい自分に近づく - ohanasiの simple life

photo by Brady Withers

広告を非表示にする