読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ohanasiの simple life

シンプル、持たない、捨てる。自分の好きなものに囲まれた満足いく生活を目指して。どこまで身軽になれるかな?

MasterMoneyで家計簿をつけるようになって4年。まさかの販売中止

家計簿だけは汚部屋を製造してた頃からちゃんとつけてます。 20歳くらいからだから16年つけています。

理由は、実家が貧乏だったので、貧乏怖い!!って思ってつけはじめた。

最初は、ノートからスタートして、Microsoft Moneyを経て4年くらい前からMaster Moneyというソフトで家計管理しています。

Master Money for Mac 2

Master Money for Mac 2

個人的にはMicrosoft Money最高でした。

Microsoft Moneyの魅力は、もうなくなったしまいましたが、「MSN残高照会」というサービスでネットバンキング・クレジット情報を一括管理してデータを引き落とすことができたことです。NTTが開発したAgurippaというアカウント一括管理システムのようですが、詳しいことわからないので、気になる方はWikipediaみてください。

金融機関がもつOpen Financial Exchange (OFX) という形式に対応していて、「MSN残高照会」を使わずともデータを読み込むことができますが、このMSN残高照会との自動連動により、銀行口座、クレジット・証券に至る全てがボタン一つで詳細データ落とせてめんどくさがり屋には最高のサービスだったのですが、普及せず、サービスはさよならしていったのでした。

で、その後、仕方なく、同じOpen Financial Exchange (OFX)に対応したMaster Moneyに移行したのでした。

Master Money for Mac2が販売中止

そんなMaster Moneyですが、for Macが2015/2/15を持って販売中止、2016/3/31でサポート終了という悲しいニュースが飛び込んできました。

来年までに代替ソフト考えないといけないんだけど、困った。あるのかなー。

なんでこんなにソフト系の家計簿にこだわるかというと、口座やクレジットカード間での資産移動の計算しやすさが、私の家計簿選びの基本だからです。

我が家は共働きだった名残りもあって、2人それぞれの給与振込口座があって、給与がでると共有の口座に振込するというルールになっています。

共有口座は3つあって、「生活費用」「貯金用」「(金額が)大きい買い物用」に分かれています。

なので振込による口座間の資産移動をちゃんと把握しておくことが、意外と重要なのです。

さらに、最近は電子マネーをメインに使っていて、電子マネーの使用データをダウンロードしてMaster Moneyに取り込むだけで、家計簿ができてしまうのです!

家計簿は今何をどれだけ使っているかを簡単に把握するためのものという意識があるので、できるだけ分類作業や入力作業に時間をかけたくないのです。

そういう人にとっては、ソフトで自動化できるのは本当に楽ちんです。

とりあえず、来年まではサポートはされるようなので、使い続けてやろうと思いますが、ソフトの家計簿はサポート終了してしまうと不安で使い続けられないという問題があることをまた思い出してしまった次第です。(Microsoft Moneyの時もちょっと思ってた)
もう、家計簿ソフトはやめたほうがいいのではないかとちょっと気持ちが揺らいでいます。

取り急ぎ、これを機に使ってない口座やクレジットカードはないか断捨離を敢行してみたいと思います。

そして、何か良いソフトやアプリをご存知の方がいらっしゃいましたら、教えていただけると嬉しいです。(できれば、販売中止にならないようなところがいいなぁ)

追記

ちなみにfor windowsに移行すればいいじゃん!という話もありますが、今Windows持ってないのと、まさかのMaster MoneyはWin⇔Mac間のデータの互換性がないのでした…oh...!

photo by 401(K) 2013

広告を非表示にする