読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ohanasiの simple life

シンプル、持たない、捨てる。自分の好きなものに囲まれた満足いく生活を目指して。どこまで身軽になれるかな?

めんどくさがり屋こそシンプルライフを

最近、ミニマリストやシンプルライフを目指す人が増え、Twitterやこのブログの読者の方も増えてきて本当に嬉しいです。

多分、シンプルライフやミニマリストの方は(私以外)めっちゃ意識高い系の方ばかりかと思います。

私は、何度も申し上げてる通り、汚部屋製造をした過去がありますので、全然意識高い系ではありません。

なんといっても、19歳くらいのとき一人暮らしのアパートが泥棒に入られて、あまりの家の汚さで警察に通報するのを躊躇したという逸話を持っていますからね…。

さて、当時の部屋を振り返って思うのが、めっちゃ雑誌、本、紙類(多分勉強ノート?)で自宅が埋め尽くされていたなぁということ。

実は洋服類はさほどなくて、マンガやら本やら雑誌やらばっかりでした。

よく、捨て系の本を読むと溜め込んでいるものは、自分が欲してるものやコンプレックスとありますが、まぁ私はきっと知識とか情報なんだろうなぁ。

めんどくさいからシンプルライフを選んだ

その情報の中には、もちろん片付けや収納術の本などがありました。

以前にも書いたのですが、私の妹はちょっと潔癖症入ってるよね?ってくらいキレイ好きだし、実は兄もいるんですが、彼もそんな感じです。

どうして自分だけ彼らのようにできないのかと思い悩み、収納の仕方が悪いのかと収納本を書い、収納グッズだけ増えた。

そんな日々を思い出します。

結局彼らのように物の定位置を効率的に決めるセンス・能力は、私にはないので物を減らすことにしました。

自分の周りにそういうのがうまい人がいて思うのは、彼らは毎日のように収納・片付け・掃除をしていることが苦痛ではないのです。

で、一方私は、とっても苦痛です。

めんどくさい。

そんなことをしてるヒマがあったら本を読んでいたい。
どこかにでかけたい。

そういう人は、メンテナンスに費やす時間を減らすのが、ストレスも減るし楽だと思います。

つまりシンプルライフです。

めんどくさがりで、汚部屋を製造してて、という人は、是非シンプルライフを目指して欲しいと思います。

人生の楽しみは人それぞれです。自分が苦手なことに時間をかけず、できるだけ楽できることを考える。効率化する。それでいいと思うのです。

photo by LilaCheck

広告を非表示にする